無くなってしまったそのデータ、復旧出来るかも!?/Information Technology
>特集>無くなってしまったそのデータ、復旧出来るかも!?

復旧率を調べよう

PC操作

パソコンのハーディスクやメモリーカードなどの記憶媒体を所有していて、何かしらのアクシデントで、中のデータが読み込めなくなったのなら、業者にお願いして取り戻してもらいましょう。復旧率の高い業者に仕事を依頼すれば、取り戻せる可能性が高くなるので、公式ウェブサイトをチェックしたほうがよいです。データ復旧技術に自信を持っている業者ならば、ほぼ間違いなく復旧率をトップページにて目立つように紹介しているはずです。

見積もりを頼もう

PC操作

復旧率をきちんと確認して、頼みたいところが見つかったのなら、記憶媒体を送って見積もりをしてもらわなければいけません。公式ウェブサイトには料金の目安が記載されていますが、記憶媒体の状況によって費用は異なると考えたほうがよいでしょう。なお、記憶媒体を送ると、詳しい調査をした上で、データ復旧のための値段を計算してくれます。そのため、費用の他に、どの程度データを取り戻せるのかも教えてくれるので、参考にして仕事の依頼を決断しましょう。

データが大事なら触らない

PC操作

フリーで配布されているデータ復旧ソフトをインストールして、データを取り戻すことを考えるかもしれません。しかし、それもデータを失ってしまう原因となるので、きちんと慎重に行う必要があります。それは、ソフトをインストールするのは、データ領域を上書きすることになるので、もしもそこに大切なものがあった場合は、復旧が難しくなってしまうからです。記憶媒体に入っているデータが、会社で絶対に必要とされるものなら、失うような行動はできる限り避けるようにしましょう。

まずは相談を

PC操作

データ復旧方法をいろいろありますが、素人がやってはいけないことも多いので、まずは業者に相談してみましょう。そうすれば、復旧のための最善の道を教えてくれるので、その通りに行えば、不安なく必要なデータを取り戻せます。

広告募集中